鹿児島県 Y様 リノベーション

今回は築20年、星ヶ峯1丁目木造住宅のリノベーション。空屋になっていた事もあり、設備機器が傷んでいました。住宅って不思議。人が住まなくなると痛みが早い。間取り自体は新築時のお施主様のこだわりが随所に見られる素敵な感じ。 今回のテーマ・・・現在のイメージは残し、年月を感じる痛んだ部分を取り除き、機器類は省エネ性も考慮し、最新のものにした。床などは施工コストを考え、重ね貼りとした。生かせるところは生かす事を心がけた結果コストも安くあがりました☆ リフォームのときいつも思うのが、色の使い方が本当に大切。いくら綺麗にしても、痛んだ部分をすべて取り除くのは困難。色の使い方によっては、痛みが目立つ結果に。せっかくするのであれば、かけた金額以上の出来栄えと、満足を。